〈養沢毛鉤専用釣り場〉

自然渓流を利用したフライフィッシングとテンカラ釣りの専用釣り場です。


     オープン案内ハガキ


〈新着情報〉

 
9/10:NEW!10月以降営業のご案内。10月1日より、ヤマメは全区間で禁漁、神谷堰堤より上流はクローズになります。  詳しくはこちら
2/24:2018年事務所で販売中のフライ
           こちらLinkIcon
12/16:2018年カレンダー   こちらLinkIcon





フライフィッシングであそぶ

 
ようざわ便り本日の続きはこちらLinkIcon
すべてを別ウインドウで開くこちらLinkIcon

〈秋の営業のご案内〉

10月の営業は、事務所下から神谷堰堤までの区間で、ニジマスのみとなります。
 (ヤマメは9月末日で禁漁、神谷堰堤より上流の区間はクローズになります。) 
●11月と12月は、区間と曜日を限定しての営業を予定しております。
 詳細が決まり次第ご案内いたします。

〈釣り場よりお知らせ〉

●レンタルタックルはありません。
販売中のフライは、バーブレスフックを使用したタイプと、バーブを潰したタイプがあります。
●タイイング用品は、無料でご利用いただけます。ご利用の際はスタッフに一声おかけください。
●魚の捌き方はこちら。 捌き方LinkIcon
●魚をお持ち帰りの方に、保冷剤を販売しています。大200円、小100円です。
●バスでのご来場は、武蔵五日市駅より上養沢行き本須(もとす)下車、徒歩100mです。
 西東京バス時刻表 上養沢行きLinkIcon

9月15日の養沢

【水温計】夏の暑さが嘘のように、魚の適水温に近づきつつあります。おかげで魚の活性は非常に高いです。

【テラス】テラスの下から見上げた事務所です。こんな雨の日は事務所内で休憩する方が多いです。

【事務所下】土日は混雑する事務所下も、雨の日は空いています。釣って楽しむならこんな日がお勧めですね。

【木和田平】例年ならコスモスで埋め尽くされるのに、今年はなぜか花が少ないです。酷暑の影響でしょうか。

【栗の木】水が多めで小雨なら、神谷橋から続く瀬は絶好のポイントです。小さなスポットにもヤマメが潜んでいます。

【神谷】遠藤前から続く瀬です。入りやすいポイントでも雨の日は釣り人が少なく、自分のペースで釣り上がれます。

【彼岸花】この斜面に毎年たくさん咲きます。この花を見ると、ヤマメのシーズンが終盤だと感じます。

【カワニナの餌筒】区間内の所々にあるこのパイプは、蛍の餌になるカワニナを増やすための餌筒です。

【神社下の下流】ポンプ小屋から釣り上がったところです。ここは川通しにしか行けないのでウェーディングの装備が必要です。

〈釣り場での服装と装備について〉

●苔で滑って転倒する事故が増えています。
 水中の苔は、ヌルヌルと滑り、地上用の靴や長靴では危険です。
 思わぬ怪我に繋がりますので、フェルト底や水中用ラバー底をご使用ください。
●皮膚の露出は最小限にしましょう。
 釣り場区間内には、刺のあるイラクサや毒のあるウルシなどの植物が自生しています。
 また、刺されるとやっかいなヌカカやブユ、毒のある毛虫なども生息していますので、
 なるべく皮膚の露出は控え、長袖、長ズボンでの入場をお勧めします。
●足もとの装備はしっかりと。
 夏になると、ショートパンツ、サンダル等の軽装で釣りをしている方を見かけますが、
 事務所周辺以外では蛇などの危険もあります。
 ウェーダーを着用しない場合は、ゲーターなどで保護し、ウェーディングシューズを
 履かれることをお勧めします。
●スズメバチ対策。
 日本中どこにでもいるスズメバチは、釣り場区間内にも生息しています。
 出会ってしまったら、絶対に手で払わず、じっと身を屈めて去るのを待ってください。
 黒い頭髪をめがけて攻撃してくるので、白っぽい帽子で頭を保護することも有効です。
●帽子と偏光グラスは必携です。
 飛んでくるフライから顔と目を守るため、帽子と偏光グラスは必携です。
 
安全な服装と装備で、養沢をお楽しみください!




日焼け止め、虫除けは事務所で販売しています。

|1|